FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷通信 No.31 篠宮慶子





奴隷通信 No.31 篠宮慶子


監督:夢流ZOU
メーカー:アートビデオ
発売:2006/9

マニアックなSMプレイが楽しめる「奴隷通信」シリーズ第31弾!苦痛の中に、恥辱の中にこそ、快感を求める若き人妻。激痛にうち震え、痴態の限りをさらしのたうつ時、彼女は絶頂する!狂喜こそ…癒し。




乱田舞氏の奴隷通信シリーズ。今回は少し熟女系の篠宮慶子が登場。相変わらずのハードなシーンの連続に、熟女の体が震える。。

まずはじめは仰向けてブリッジ姿のまま吊られ、あらわになった股間をローターで責められる。姿勢的にはかなり苦しそう。さらに、両足にかけた縄をそのまま背中の下を通して、口にくわえさせ猿轡にする。まったく身動きできないまま、責めに身をゆだねる。そしてそこに、容赦なく熱蝋が浴びせかけられる。。。蝋燭は胸だけでなく、股間をも襲う、、相変わらず容赦ない責めだ。

続いては立った状態で天井から縄でつるされ、さらに両足をそろえてつり上げ、そのまま宙づり状態にさせられる。そして先ほどの責めでついた蝋を払うように、鞭が浴びせかけられていく。暗い部屋の中に、篠宮の叫び声と鞭の音だけが響き渡る。苦しそうな顔の篠宮。そこにさらに蝋が浴びせかけられる。まったくもって、いつもながらの責めに感嘆させられる。。。

そして、今度は仁王立ち状態で股間にも鞭が浴びせかけられる。股間、そして両足と、鞭が襲っていく。身動きできずにただ耐えるしかない篠宮。肌には赤いミミズ腫れが。。。そして極めつけの一本鞭へと続いていく。

まず始めに開口器を口にくわえさせる乱田。無理矢理口を広げさせられた篠宮は、もはや自分の意志を伝えることはできない。そこへ乱田の容赦無い一本鞭。ひゅっという空気を斬る音に続いて、彼女の叫び声が。。。まさに乱田氏ならではの責めだ。そして股間のバイブ責め。容赦ない責めについにはイってしまう。。。

後半は左右の手をそれぞれ足に縛り付け、うつぶせ状態にしての浣腸シーン。浣腸の前にたっぷりとお尻に蝋燭を浴びせることも忘れない。そして、浣腸器を使ってたっぷりと牛乳が彼女に注ぎ込まれる。限界まで我慢させられる篠宮。そしてついにはすべてをはき出してしまう。。。

この作品は好き嫌いが分かれるだろう。女優もそんなに美人というわけではないし、責めもかなりきつめで惨い。とはいえ、奴隷通信シリーズのポイントは十分に押さえている。シリーズが好きな人には、十分楽しめる作品だろう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : 奴隷通信 乱田舞

奴隷通信 No.24(前編)





奴隷通信 No.24(前編)


主演:森下さやか
責め:乱田舞
監督:夢流ZOU
メーカー:アートビデオ
発売:2005/3

Mの刻印!それは壮絶なドラマだった。暴虐の壁を突き抜けてこそM女は救われる。痙攣M奴、夢流恍惚M奴、M奴隷に堕ちて激烈恍惚…




奴隷通信シリーズのNo.24。しかも、シリーズ初の前後編構成。というか、この手のSMビデオで前後編の形をとるものは、すごく少ない。それだけに、乱田舞とスタッフのこの作品にかける意気込みが感じられる。

主演は森下さやか。縄悦などいくつかのSM作品に出ているが、個人的には嬲られるのが似合うという印象だ。

まずはじめはインタビューシーン。森下のSM感などを語らせる。「家畜のように扱われたい。相手の望むことなら何でもしたい」と森下は語る。

そしていよいよ責めが始まる。まずは着衣のまま後手で縛り、天井から吊られる。そしてその状態でお尻をまくられ、ムチが襲う。バラ鞭なので、音が非常に激しい。早くも感じ始める森下。乱田舞にどうだと聞かれ「うれしいです、でも苦しいです」と答える。そして、吊りから解放された後も、鞭が森下を襲い続ける。。。

続いては全裸で両手を縛られ、天井から吊られる。足も縛られ、一本の棒のようになった森下を乱田舞の鞭が打ち込まれていく。しかも今度は一本鞭。振り上げた鞭が体にあたる度に、しなり、巻き付き、あっという間に森下の体はミミズ腫れだらけになっていく。そして森下は恍惚とした表情を浮かべていく。

傷だらけで、ぼろぼろになった森下に今度は乳首のクリップ責めと電マ責め。狂ったように叫ぶ森下、最後にはイッてしまう。。。

まだまだ責めは続く。今度は、竹の棒を背負うように手を広げて縛られる。そして、髪の毛を縛られ、天井から固定される。全く逃げることができなくなった森下を容赦なく一本鞭が襲う。傷だらけの体に、さらに赤いスジが刻まれていく。。泣き叫び、よだれを流しながら鞭に耐える森下、まさに彼女の望む「家畜」に墜ちていく。。。

とにかくこの作品は、鞭がすごい。作品の半分以上が鞭打ちのシーン。最後にはミミズ腫れも血がにじんでしまっている。これで前編というから、後半がどうなるのか、想像もつかない。一方で、鞭一色なだけに、鞭がそんなに好きではない人や、ハードが苦手な人にはお勧めできない。観る人を選ぶ作品といえる。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 森下さやか 乱田舞

拷問の館





拷問の館


主演:杉浦美由
監督:乱田舞
メーカー:アタッカーズ
発売:2006/12

杉浦美由、初SMにして戦慄の背折吊り責め!!容赦なき4m牛追い一本鞭連打が、白肌に残虐な刻印を刻みつける!!電流責め・海老責め・蝋燭責め・背折吊り責め・背面竹十字吊り・イカセ地獄・鞭地獄!




乱田舞拷問の館シリーズの記念すべき第一弾。主演は杉浦美由、SM初挑戦だそうだ。

ストーリーは単純で、とらえられた女性が館に監禁されハードな責めを受けるというもの。よって、どれだけハードな責めかといのがポイントになる。

最初は胡座縛りから。テーブルの上で縛られた杉浦は、窮屈な姿勢の苦しさに、全身に汗を吹き出しながら耐える。化粧をした顔が、汗と涙で崩れていく。そして、ついにはゲロを吐いてしまう、、、序盤からかなりきつい責めで始まる。

次は仰向けに縛られたじょうたいで、服を少しずつ切り裂き、はがされていく。そして、あらわになった肌に、容赦なく蝋燭が浴びせられていく。ここでも、涙を流しながら耐える杉浦。痛々しい感じがよく出ていて、すごく魅力的だ。そして、腰に縄をかけられ、そのままブリッジのような体勢で吊られる。ブリッジといっても、両手は後ろ手に縛られたままなので、両足と頭の三点で体を支えなくてはならない。そして、さらに両足にかけた縄を口にくわえさせられ、体をきつく反り返らされる、、、さらにその状態に乱田舞のムチが飛ぶ。最後にはあまりの苦しい体勢に、体が痙攣してしまう。

ここまででも、かなり見せてくれた感じだが、ここからさらにきつい責めが。。そう、一本鞭だ。両手を横に広げ、大の字で竹に縛られた杉浦。その体を、乱田舞の一本鞭が襲う。次第に、体は赤く腫れ上がっていく。

次は、椅子にM字で縛られた状態での電マ責め&蝋燭責め。押し寄せる快感と痛みに、苦痛とも快感ともいえない表情を浮かべる杉浦。汗にまみれた顔がいやらしい。。

そして最後はまた鞭責め。しかも今度は牛追い一本鞭。しなる音を聞いただけで、体がすくみそうになる。両手を縛られ、天井からつるされた杉浦の体を、鞭が襲う。一発、二発と鞭が打たれる度に、杉浦の体には赤い鞭の痕が刻まれていく。あまりの痛さに声にもならない叫び声を上げる杉浦。最後には立ってられないほどの状態にまで追い込まれていく、、、

かなりハードな責めの作品で、まさに拷問といえる。ただ、それだけに、好き嫌いの分かれる作品かもしれない。とはいえ、苦痛に耐える杉浦美由は一見の価値ありだ。

杉浦美由という女優。これがSM初挑戦だと言うが、お見事。一作目でここまでハードなことをやる女優は見たことがない。今後の作品も注目だ。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 乱田舞 拷問の館

緊縛ケツ穴羞恥奴隷 川上ゆう





緊縛ケツ穴羞恥奴隷 川上ゆう


主演:川上ゆう
監督:乱田舞
メーカー:ナチュラルハイ
発売:2009/5

言い付けを守り、小便も大便も全てをさらけ出し、惑いながら奴隷となっていく…。羞恥責めの最高峰、迫力の自然排便!激しい鞭の連打!吊られながらの放尿大噴射!羞恥責めの喜びを知っていく愛奴川上ゆう。



乱田舞作品についに川上ゆうが登場。乱田舞といえば、激しい責めが有名。今や超人気M女優となった川上ゆうを、どう責めるのか、かなり注目である。

スタートしてまずはじめは首輪をつけて犬喰い。首輪というと、どうも奴隷市場の女を思い出してしまう。しかし、こんなにも首輪の似合う女優はいないかもしれない。おしりを触られて感じる川上。いきなり恥辱モード全快である。

続いては後ろ手に縛られて、立ち吊りにされる。ここでも、不安そうな表情が被虐感をよく表している。ちょっと残念なのは、縛りが雑なこと。まあ、乱田舞の縛りはだいたいこんな感じだが、もっと綺麗にがっちりと縛って欲しい。
そして、片足を吊られて、電マ責め。感じたところを、今度は鞭が襲う。局部を打たれてよがる川上。つらそうな顔がたまらない。。

そして、放尿&脱糞シーン。個人的にはスカトロ系はあんまり好きではないが、恥ずかしそうな川上の表情には非常にそそられる。しかし、この人気でここまでするとはすごいなあ。

続いて、両手両足を吊られての蝋燭と鞭。宙に浮きながら、思いっきり鞭で叩かれる。蝋で赤く染まった川上の裸体に赤い筋がついていく。。。絶叫する川上、泣きながらも感じてしまう。

ラストは、再度立ち縛りの状態での鞭打ち。乱田舞といえば、ハード鞭打ち。でも、川上ゆうでどこまでやるんだどう?やっぱり人気女優だし、そこまでハードなことはしないのでは?と思っていたが、大間違いだった。鞭を打たれて腫れ上がったおしりには、くっきりと痛々しい鞭の痕が。

この作品、一つ残念なのが映像とカメラワーク。デジカメなのかわからないが、全体的に映像が軽い感じがする。カメラワークも単調で、もう少しアングルにも工夫が欲しい。このあたりは、シネマジックなんかとは対照的だ。

それにしても、やっぱり川上ゆうだ。本気で絶叫し、そして感じるM女優川上ゆう。M女優としてまた一歩進化した彼女の姿、ファンだけでなく必見の作品といえる。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 川上ゆう 乱田舞

拷問の館2 長谷川あゆみ





拷問の館2 長谷川あゆみ


主演:長谷川あゆみ
監督:乱田舞
メーカー:アタッカーズ
発売:2007/7

長谷川あゆみ、驚愕の後手観音縛り!!拷問の館へようこそ。この館に連れてこられた者は二度と外界に出る事はありません。…肉体的にも精神的にもボロボロにして闇に葬り去ります。本当に、いいんですね?



乱田舞による陵辱系シリーズの第2弾。女優は長谷川あゆみだ。

長谷川あゆみといえば、とてもかわいい顔が印象的な女優。結構ノーマル系の作品にもいっぱい出ていて、個人的には制服姿の印象が強い。今回は乱田舞による拷問ということで、かなりハードな内容となっている。

冒頭は通常のエッチシーンで始まる。薬を使ったセックスで狂ったように感じる長谷川。前振りシーンという感じ。

そしていよいよ乱田舞に売り飛ばされる長谷川。檻の中で目を覚まし泣き叫ぶ。そんな長谷川を容赦なく縛り上げていく。涙を流していやがる長谷川の顔がとても魅力的だ。そして、割竹による折檻。大声で叫ぶ長谷川に、猿轡がかまされる。。

続いては海老吊り。あまりの苦しさに、泣きながら「おろして下さい・・」とわめく。涙でぐちゃぐちゃになった顔には、マスカラが流れだし、とてもリアルだ。

そして、ソファにM字開脚で縛り付けられ、股間をいじられる。ローターにバイブと、次々と責められ、いつしか感じ始める長谷川。気持ちよくなったところで、今度は熱蝋責め。「お願い。。やめて。。」と泣き叫ぶ。

熱責めの次はイラマチオ。首輪をつけられた長谷川ののどの奥深くにペニスが押し込まれる。苦しくて涙を流しながらなめ続ける。。そして最後は口の中に発射。精液と涙とよだれまみれになる長谷川。かわいい顔が汚されていく。

そしていよいよこの作品一番の見所、パッケージの写真にもなっている後手観音縛り。これは体が柔らかくなければいけないので、誰にでもできるわけではない。DVDで見たのはたぶん初めてだろう。見ているだけで痛そう・・涙を流し絶叫する。苦痛にゆがんだ顔で、「何でもします・・・」という長谷川。

何でもするなら、ということで、最後は一本鞭。もう、本当にハード。絶叫し泣き叫ぶ長谷川。細い体に赤い痕が次々とついていく・・・俺を変態と言え、という乱田舞。前進に鞭の痕をつけて「変態!!」と叫ぶ。

乱田舞の作品といえばハードなことで有名だが、作品によっては女優がいまいちで単にハードなだけ、というものも多い。しかしながら、この作品は女優が実にいい。長谷川の絶叫と「もうやめて、帰らせて」などのセリフが実に陵辱的でいやらしい。もっといろいろなSMモノに出演して欲しい女優だ。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 長谷川あゆみ 乱田舞

プロフィール

MIST

Author:MIST
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

川上ゆう 乱田舞 宮地奈々 森下さやか 雪乃みお M女 拷問の館 藍花 長谷川あゆみ 完全人格否定 柳田やよい  深海沙織 城島れい 佐伯奈々 花宮あみ 奴隷通信 晶エリー 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
DMMアダルト オンラインDVDレンタル
日本最強のSMランキング
極上SM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。