FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷通信 No.31 篠宮慶子





奴隷通信 No.31 篠宮慶子


監督:夢流ZOU
メーカー:アートビデオ
発売:2006/9

マニアックなSMプレイが楽しめる「奴隷通信」シリーズ第31弾!苦痛の中に、恥辱の中にこそ、快感を求める若き人妻。激痛にうち震え、痴態の限りをさらしのたうつ時、彼女は絶頂する!狂喜こそ…癒し。




乱田舞氏の奴隷通信シリーズ。今回は少し熟女系の篠宮慶子が登場。相変わらずのハードなシーンの連続に、熟女の体が震える。。

まずはじめは仰向けてブリッジ姿のまま吊られ、あらわになった股間をローターで責められる。姿勢的にはかなり苦しそう。さらに、両足にかけた縄をそのまま背中の下を通して、口にくわえさせ猿轡にする。まったく身動きできないまま、責めに身をゆだねる。そしてそこに、容赦なく熱蝋が浴びせかけられる。。。蝋燭は胸だけでなく、股間をも襲う、、相変わらず容赦ない責めだ。

続いては立った状態で天井から縄でつるされ、さらに両足をそろえてつり上げ、そのまま宙づり状態にさせられる。そして先ほどの責めでついた蝋を払うように、鞭が浴びせかけられていく。暗い部屋の中に、篠宮の叫び声と鞭の音だけが響き渡る。苦しそうな顔の篠宮。そこにさらに蝋が浴びせかけられる。まったくもって、いつもながらの責めに感嘆させられる。。。

そして、今度は仁王立ち状態で股間にも鞭が浴びせかけられる。股間、そして両足と、鞭が襲っていく。身動きできずにただ耐えるしかない篠宮。肌には赤いミミズ腫れが。。。そして極めつけの一本鞭へと続いていく。

まず始めに開口器を口にくわえさせる乱田。無理矢理口を広げさせられた篠宮は、もはや自分の意志を伝えることはできない。そこへ乱田の容赦無い一本鞭。ひゅっという空気を斬る音に続いて、彼女の叫び声が。。。まさに乱田氏ならではの責めだ。そして股間のバイブ責め。容赦ない責めについにはイってしまう。。。

後半は左右の手をそれぞれ足に縛り付け、うつぶせ状態にしての浣腸シーン。浣腸の前にたっぷりとお尻に蝋燭を浴びせることも忘れない。そして、浣腸器を使ってたっぷりと牛乳が彼女に注ぎ込まれる。限界まで我慢させられる篠宮。そしてついにはすべてをはき出してしまう。。。

この作品は好き嫌いが分かれるだろう。女優もそんなに美人というわけではないし、責めもかなりきつめで惨い。とはいえ、奴隷通信シリーズのポイントは十分に押さえている。シリーズが好きな人には、十分楽しめる作品だろう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

tag : 奴隷通信 乱田舞

奴隷通信 No.24(前編)





奴隷通信 No.24(前編)


主演:森下さやか
責め:乱田舞
監督:夢流ZOU
メーカー:アートビデオ
発売:2005/3

Mの刻印!それは壮絶なドラマだった。暴虐の壁を突き抜けてこそM女は救われる。痙攣M奴、夢流恍惚M奴、M奴隷に堕ちて激烈恍惚…




奴隷通信シリーズのNo.24。しかも、シリーズ初の前後編構成。というか、この手のSMビデオで前後編の形をとるものは、すごく少ない。それだけに、乱田舞とスタッフのこの作品にかける意気込みが感じられる。

主演は森下さやか。縄悦などいくつかのSM作品に出ているが、個人的には嬲られるのが似合うという印象だ。

まずはじめはインタビューシーン。森下のSM感などを語らせる。「家畜のように扱われたい。相手の望むことなら何でもしたい」と森下は語る。

そしていよいよ責めが始まる。まずは着衣のまま後手で縛り、天井から吊られる。そしてその状態でお尻をまくられ、ムチが襲う。バラ鞭なので、音が非常に激しい。早くも感じ始める森下。乱田舞にどうだと聞かれ「うれしいです、でも苦しいです」と答える。そして、吊りから解放された後も、鞭が森下を襲い続ける。。。

続いては全裸で両手を縛られ、天井から吊られる。足も縛られ、一本の棒のようになった森下を乱田舞の鞭が打ち込まれていく。しかも今度は一本鞭。振り上げた鞭が体にあたる度に、しなり、巻き付き、あっという間に森下の体はミミズ腫れだらけになっていく。そして森下は恍惚とした表情を浮かべていく。

傷だらけで、ぼろぼろになった森下に今度は乳首のクリップ責めと電マ責め。狂ったように叫ぶ森下、最後にはイッてしまう。。。

まだまだ責めは続く。今度は、竹の棒を背負うように手を広げて縛られる。そして、髪の毛を縛られ、天井から固定される。全く逃げることができなくなった森下を容赦なく一本鞭が襲う。傷だらけの体に、さらに赤いスジが刻まれていく。。泣き叫び、よだれを流しながら鞭に耐える森下、まさに彼女の望む「家畜」に墜ちていく。。。

とにかくこの作品は、鞭がすごい。作品の半分以上が鞭打ちのシーン。最後にはミミズ腫れも血がにじんでしまっている。これで前編というから、後半がどうなるのか、想像もつかない。一方で、鞭一色なだけに、鞭がそんなに好きではない人や、ハードが苦手な人にはお勧めできない。観る人を選ぶ作品といえる。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 森下さやか 乱田舞

責め縄秘画報 縄悦 其ノ四 女囚[拷問蔵] 森下さやか





責め縄秘画報 縄悦 其ノ四 女囚[拷問蔵] 森下さやか


主演:森下さやか
監督:夢流ZOU
縄師:奈加あきら
メーカー:アートビデオ
発売:2005/4

耽美派『責め縄』縛師奈加あきらの縛り世界。千変万化する一条の縄、絡み合う数条の縄たちを巧みに操り、女体を艶美に悽愴に縛り上げる日本独特のSM情感。『被虐と嗜虐』の愉悦の原点、官能の原点を見つめる。



縄悦シリーズの第4段。シチュエーションとしては、女囚緊縛モノ。

女囚風の着物を着せられた森下が、石の床に座らされ、後ろ手に縛り上げられていく。奈加氏の縄捌きが絶妙である。着物に食い込む縄、苦しそうな森下の顔に、かなりそそられる。

続いては、たった状態で水平につるした竹の棒に、手を広げて縛り付けられる。縛られながらあえぐ森下、きしむ縄の音。さすがに縄悦というタイトルだけあって、縛りにこだわっている。そして、両足を縛られて、その縄を天井につるされる。かなり苦しそうな森下の表情がたまらない。

今度は再度後ろでに縛った状態であぐら縛りに。首にかけた縄を足に結びつける。そして竹の猿轡をかませる。苦痛にゆがむ森下、それを背後からのアングルがきつく縛られた手首を写す。苦しそうな様子が伝わってくる。

その後も2パターンほどの縛りを挟み、女囚ものの定番ともいえる、石抱きと三角木馬。三角の木を並べた上に正座をさせられる森下。上半身はもちろん後ろ手にきつく縛られている。そして膝の上に石が置かれていく。石自体は作り物っぽいが、それでも三角の木の上に正座しているだけで、脛にかなりの負担がかかっていると思われる。本当につらそうで、苦悶する顔が見所である。

そして三角木馬。こちらも上半身は後ろ手に縛られ、三角木馬にまたがされる。むき出しの下半身に、木の角が食い込む。木馬の脇に足を引っかけ、少しでも食い込みを和らげようとする森下だが、奈加はその足を竹で叩き、足を外させる。そして竹の猿轡。声を上げられない森下を竹で打つ。さらに、足に石のおもりが。。。

森下さやかといえば、奴隷通信でもかなりの責めをされていた。正直いって顔はあまりタイプではないが、きつい責めが似合う女優である。特に本作は、女囚、拷問というシチュエーションに奈加の縛りが加わることで、かなりの被虐感が醸し出されている。

女囚モノが好きな人には是非みてほしい一作である。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 森下さやか

プロフィール

MIST

Author:MIST
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

川上ゆう 乱田舞 宮地奈々 森下さやか 雪乃みお M女 拷問の館 藍花 長谷川あゆみ 完全人格否定 柳田やよい  深海沙織 城島れい 佐伯奈々 花宮あみ 奴隷通信 晶エリー 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
DMMアダルト オンラインDVDレンタル
日本最強のSMランキング
極上SM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。