FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川上ゆう in SUNSHOPⅡ 秋葉原店

本日は、川上ゆうさんのイベントに行ってきました。

今回はTIGHTさんの新作。
そう、TIGHTさんといえば、あの「奴隷市場の女」シリーズで川上ゆうを一躍スターにした
魁監督のオリジナルレーベルです。

ストーリーなどなく、本格的な責めを次から次へと魅せてくれる、
マニア垂涎のシリーズです。

今回はイベントの様子を報告させてもらいます。




イベントの内容はDVDを一枚買った人はサインとツーショット撮影。
そしてDVDを2枚買った人は、緊縛撮影会に加えてモモハグとホッペにチューという過激な内容です。

イベントが始まり、まずはサインとツーショット撮影。
ゆうさんと会うのは、SUNSHOPで最初にやった「首輪の奉仕犬」イベント以来。
久しぶりに見たゆうさん、相変わらずおきれいでした。

このブログのことを話したら、すごく驚いて、そして喜んでくれました。
ちょー感激です。

ツーショットは正面から抱き合うのと、肩を組む2ショット。
ちょうど向いた先に他のお客さんがいるので、ちょっと緊張しました。。

そして次は、モモハグ。
モモハグは初めてだったので、どんなんだろう?と期待にに胸をふくらましていました。

マットの上に仰向けに寝転がると、ちょうど顔の位置にゆうさんがまたがって、
太ももで顔をハグハグしてくれます。
上にゆうさんが乗ったとたん、「フグッ」と思わず声が出てしまいました。
これだけでも、ドキドキものですが、なんとその状態でゆうさんがチョコを食べさせてくれました。
もう最高でした。

最後は緊縛撮影会。

後手に縛られて、切ない表情をするゆいさん。
特に縛り上げられた手首が色っぽかったです。

今回会って改めて感じたのは、ゆうさんは本当にとても温かい人だなあってことです。

ファンの方、一人一人にきちんと声をかけてくれて、みんなを笑顔にしてしまう。

イベント全体もとても和やかな感じで、すごくよかったです。

ゆうさん、魁監督、スタッフのみなさん、SUNSHOPさん、ありがとうございました。

これからも、楽しいイベントをお願いします。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

完全人格否定 ~激痛!~





完全人格否定 ~激痛!~<br />


監督:鷹・タナカ
メーカー:Arena X
発売:2008/11

アナル拡張ポンプで肛門を拡張、直径5cmのディルドを肛門に!
口、マンコ、アナルに小便注入する人間便器。一本鞭で尻が腫れあがる!イラマで喉奥に射精。M女2人同時調教!床にこぼれた小便は舐め掃除!




「登場する女性モデルには事前に演出のプランの了解を得た上で撮影をしています」
そんなテロップで始まる本作品。

完全人格否定シリーズは、過激さとリアルさが売りの人気シリーズ。撮影はたいていSMホテルらしきところで行われ、男優兼監督と思われる男性がM女に鞭やアナルなどを過激に責める。今回は激痛をテーマにした作品になっている。

作品としては特にストーリーのようなものはなく、素人らしきM女に対してだいたい10~15分ほどの責めのシーンが次々と繰り広げられていく。M女は少しいやがりながらも、従順に責めに耐える。

責めの中で特に強烈なのがエアガンを使った射撃責め。屋外で下半身を露出させられたM女は、足を広げて標的になるように指示される。そしてそのおしりにエアガンの弾が次々と突き刺さっていく。必死に耐えるM女。M女のおしりには生々しい傷跡が刻まれていく。。。

作品の後半では、2人のM女が一緒に調教される。二人並んで交互にフェラチオをさせられる。2人の首には南京錠付きの首輪。片方が責められているとき、それを切なそうに眺めている表情がたまらない。

アナル責めでは片方がもう一方のアナル拡張をさせられる。おしりを突き出して苦しそうにするM女。男優に指示されながら、少しずつ大きなディルドを押し込まれていく。。

クライマックスは2人並んでのむち打ち。両手を手かせで吊られた2人は、交互に鞭を打たれる。打たれる度に絶叫しながら回数を数える。2人の目には次第に涙が。。そしてエアガンによる射撃責め。絶叫が部家にこだまする。責めにエアガンを使うというのはかなり珍しいが、おそらくかなりの激痛だろう。責めが終わった後の2人の背中には、見るも無惨な傷が刻まれていた。

ラストはボンデージテープで目隠しをされたM女に、浣腸をされたもう一方のM女がその浣腸液をかける。顔面をびしょびしょにされながら耐えるM女。そして最後は責め手のおしっこが顔いっぱいにかけられる。

このシリーズの売りはなんと言っても過激な責めと素人っぽいリアルさだろう。生々しい傷跡や絶叫がリアルさを際だたせている。ソフトなものやフェチ系のモノが好きな人は、かなりひいてしまうだろう。逆に乱田舞や志摩紫光などの過激な作品の好きな人には、是非一度見てもらいたいシリーズだ。

tag : 完全人格否定

水責め地獄





水責め地獄


主演:藍花
監督:TAIZO
メーカー:ナチュラルハイ
発売:2009/1

究極のSM…それは「水責め」であった!!‘顔面崩壊!鼻フック多量水注入’‘恥液ダダ漏れ!椅子拘束電マ水責め’‘溺死必至!プール逆さ吊り拷問’などなど、思わず目を覆いたくなる百花繚乱凌辱メニューの数々!窒息寸前絶頂オルガが女の躯を駆け巡る!!





水責め、というものに焦点を絞った作品。監督の趣味がよく現れた作品だ。主演は藍花、最近シネマジック作品にも出演していた女優だ。

まずは椅子に縛られての鼻責め。ジャケットの強烈な水責めを想像していただけに、少し拍子抜けしたが、単なる鼻責めではなかった。注射器を取り出したかと思うと、そのまま鼻に水を注ぎ込む。さらには、エネマシリンジを使って、大量の水を両方の鼻に浴びせかける。開口器をつけられた藍花は、痛さと苦しさとにむせかえる。しかしながら、口を閉じることもできず、ただただあえぐだけだ。開始早々、なかなかの厳しい責め。特にこんな形の水責めはかなり珍しいだろう。

続いては、ドラム缶の中に逆さの状態で固定された藍花。そのままの状態で、浣腸をされる。身動きしようにも、窮屈なドラム缶の中。抵抗することもできない。苦しそうに声を上げる藍花に、さらに浣腸液が注ぎ込まれる。耐えられなくなって漏らしてしまうが、漏らした液はドラム缶の中に溜まり、そのまま藍花の体をぬらいていく。。。これもなかなか新しい形の水責めといえる。

再度椅子に縛り付けられ、開口器をつけられた藍花。今度は陰部を電マ責めにされる。そして、顔に容赦なく水をかけられる。息もできないくらい水をかけられ苦しむ藍花。そして、そのままの体勢でアナルを犯されてしまう。。

続いては逆さ吊りでの水責め。全裸で後ろ手にがっちりと縛られた藍花、下には水槽が設置され、体を伸ばすとそのまま水に沈んでしまう。必死で体を折り曲げて、呼吸を確保しようとする藍花。そこに、容赦なく水が浴びせかけられてしまう。

さらに責めは続く。今度はビニールのラップで全身をくるまれ、芋虫状態にされ、そのまま水槽に入れられる。顔だけ出した状態で、口に注射器で水を浴びせかけられる。なすすべも無く、むせるだけの藍花。本当に苦しそうだ。。。そしてついには無理矢理水の中に押し込まれてしまう。

その後は水中での強制フェラチオ。半分おぼれそうになりながらも、ペニスを咥える藍花。生と死の狭間の中で、必死にペニスを咥える姿が何ともいえずに美しい。。。そしてそのまま強制ファック。「お許し下さい・・・」といいつつ、最後にはイッてしまう、、、

そしていよいよクライマックス。上半身、下半身をがっちりと縛られた状態で、宙づりにされ、そのままプールに突き落とされる。突き落とす際、足をつないでいる縄をハサミで切られるのだが、その際の藍花の恐怖におののく瞳がセクシーだ。そして、身動きがとれない状態で、プールに放り込まれた藍花。必死に立ち上がって息をしようとするが、倒され、何度も水中に押し込まれる、、、何度も、何度も、、、

これまで、責めのパターンの一つとして水責めが出てくるビデオはたくさんあったが、ここまで水責めにこだわった作品は初めてだ。監督のこだわりなんだろう。特に、縄でがっちりと縛った状態でプールに放り込まれる女優の、何ともいえない無力感、絶望感というのがよく伝わってくる。そういう意味では、かなり惨く感じる人もいるかもしれないが、是非一度自分の目で確かめて欲しい、そんな作品だ。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 藍花

緊縛ケツ穴羞恥奴隷 川上ゆう





緊縛ケツ穴羞恥奴隷 川上ゆう


主演:川上ゆう
監督:乱田舞
メーカー:ナチュラルハイ
発売:2009/5

言い付けを守り、小便も大便も全てをさらけ出し、惑いながら奴隷となっていく…。羞恥責めの最高峰、迫力の自然排便!激しい鞭の連打!吊られながらの放尿大噴射!羞恥責めの喜びを知っていく愛奴川上ゆう。



乱田舞作品についに川上ゆうが登場。乱田舞といえば、激しい責めが有名。今や超人気M女優となった川上ゆうを、どう責めるのか、かなり注目である。

スタートしてまずはじめは首輪をつけて犬喰い。首輪というと、どうも奴隷市場の女を思い出してしまう。しかし、こんなにも首輪の似合う女優はいないかもしれない。おしりを触られて感じる川上。いきなり恥辱モード全快である。

続いては後ろ手に縛られて、立ち吊りにされる。ここでも、不安そうな表情が被虐感をよく表している。ちょっと残念なのは、縛りが雑なこと。まあ、乱田舞の縛りはだいたいこんな感じだが、もっと綺麗にがっちりと縛って欲しい。
そして、片足を吊られて、電マ責め。感じたところを、今度は鞭が襲う。局部を打たれてよがる川上。つらそうな顔がたまらない。。

そして、放尿&脱糞シーン。個人的にはスカトロ系はあんまり好きではないが、恥ずかしそうな川上の表情には非常にそそられる。しかし、この人気でここまでするとはすごいなあ。

続いて、両手両足を吊られての蝋燭と鞭。宙に浮きながら、思いっきり鞭で叩かれる。蝋で赤く染まった川上の裸体に赤い筋がついていく。。。絶叫する川上、泣きながらも感じてしまう。

ラストは、再度立ち縛りの状態での鞭打ち。乱田舞といえば、ハード鞭打ち。でも、川上ゆうでどこまでやるんだどう?やっぱり人気女優だし、そこまでハードなことはしないのでは?と思っていたが、大間違いだった。鞭を打たれて腫れ上がったおしりには、くっきりと痛々しい鞭の痕が。

この作品、一つ残念なのが映像とカメラワーク。デジカメなのかわからないが、全体的に映像が軽い感じがする。カメラワークも単調で、もう少しアングルにも工夫が欲しい。このあたりは、シネマジックなんかとは対照的だ。

それにしても、やっぱり川上ゆうだ。本気で絶叫し、そして感じるM女優川上ゆう。M女優としてまた一歩進化した彼女の姿、ファンだけでなく必見の作品といえる。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 川上ゆう 乱田舞

プロフィール

MIST

Author:MIST
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

川上ゆう 乱田舞 宮地奈々 森下さやか 雪乃みお M女 拷問の館 藍花 長谷川あゆみ 完全人格否定 柳田やよい  深海沙織 城島れい 佐伯奈々 花宮あみ 奴隷通信 晶エリー 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
DMMアダルト オンラインDVDレンタル
日本最強のSMランキング
極上SM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。