FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷通信 No.24(前編)





奴隷通信 No.24(前編)


主演:森下さやか
責め:乱田舞
監督:夢流ZOU
メーカー:アートビデオ
発売:2005/3

Mの刻印!それは壮絶なドラマだった。暴虐の壁を突き抜けてこそM女は救われる。痙攣M奴、夢流恍惚M奴、M奴隷に堕ちて激烈恍惚…




奴隷通信シリーズのNo.24。しかも、シリーズ初の前後編構成。というか、この手のSMビデオで前後編の形をとるものは、すごく少ない。それだけに、乱田舞とスタッフのこの作品にかける意気込みが感じられる。

主演は森下さやか。縄悦などいくつかのSM作品に出ているが、個人的には嬲られるのが似合うという印象だ。

まずはじめはインタビューシーン。森下のSM感などを語らせる。「家畜のように扱われたい。相手の望むことなら何でもしたい」と森下は語る。

そしていよいよ責めが始まる。まずは着衣のまま後手で縛り、天井から吊られる。そしてその状態でお尻をまくられ、ムチが襲う。バラ鞭なので、音が非常に激しい。早くも感じ始める森下。乱田舞にどうだと聞かれ「うれしいです、でも苦しいです」と答える。そして、吊りから解放された後も、鞭が森下を襲い続ける。。。

続いては全裸で両手を縛られ、天井から吊られる。足も縛られ、一本の棒のようになった森下を乱田舞の鞭が打ち込まれていく。しかも今度は一本鞭。振り上げた鞭が体にあたる度に、しなり、巻き付き、あっという間に森下の体はミミズ腫れだらけになっていく。そして森下は恍惚とした表情を浮かべていく。

傷だらけで、ぼろぼろになった森下に今度は乳首のクリップ責めと電マ責め。狂ったように叫ぶ森下、最後にはイッてしまう。。。

まだまだ責めは続く。今度は、竹の棒を背負うように手を広げて縛られる。そして、髪の毛を縛られ、天井から固定される。全く逃げることができなくなった森下を容赦なく一本鞭が襲う。傷だらけの体に、さらに赤いスジが刻まれていく。。泣き叫び、よだれを流しながら鞭に耐える森下、まさに彼女の望む「家畜」に墜ちていく。。。

とにかくこの作品は、鞭がすごい。作品の半分以上が鞭打ちのシーン。最後にはミミズ腫れも血がにじんでしまっている。これで前編というから、後半がどうなるのか、想像もつかない。一方で、鞭一色なだけに、鞭がそんなに好きではない人や、ハードが苦手な人にはお勧めできない。観る人を選ぶ作品といえる。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 森下さやか 乱田舞

プロフィール

MIST

Author:MIST
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

川上ゆう 乱田舞 宮地奈々 森下さやか 雪乃みお M女 拷問の館 藍花 長谷川あゆみ 完全人格否定 柳田やよい  深海沙織 城島れい 佐伯奈々 花宮あみ 奴隷通信 晶エリー 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
DMMアダルト オンラインDVDレンタル
日本最強のSMランキング
極上SM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。