FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育の地下室





飼育の地下室


主演:花宮あみ
監督:魁
メーカー:大洋図書
発売:2009/4

魁監督作品。懐柔されたい可憐な被虐M女・花宮あみのラスト調教。飼育3日目にして女は初めて食べ物を口にした。思っていたより長い間、耐え抜いた。手はしびれ食べ物を持つことすらできない。私は優しくパンをちぎって口に運んだ…地下室で玩弄し、女を従順なメス犬へと調教する…。




最近、なかなかの秀作を送り出してくる大洋図書のシネマ浪漫シリーズ。今回は花宮あみの引退作ということで、どれだけ気合いの入った作品なのか、注目だ。

ストーリー的には、監禁された花宮が地下室で調教されるというもの。監督が魁なので、なんとなく奴隷市場を思い浮かべてしまう。
まずは裸で鎖につながれる花宮。執拗な愛撫に思わず声を上げてしまう。するとその部屋をノックする女が。。思わず声を上げようとする花宮の口に、詰め物をした上でガムテープを貼り付け声を出せなくする。黒いガムテープがそそる。

続いては乳首へのクリップ電気責め。少しずつ電流をあげていく。次第によがり、そして叫び声を上げていく。しかし、個人的にはどうもこの電気責めはいまいちだ。なぜなら、責めの強さがビジュアルとしてよくわからないからだ。極端な話、全部演技だとしてもおかしくないわけだ。そういう意味でも、今ひとつ盛り上がらない。

次は鎖で万歳の形で吊られた状態での、むち打ち。これももう一つたたきが弱い気がする。せっかくの花宮の綺麗な体が台無しだ。打つならもっと打ってほしいところだ。

そしてその後は、食事シーンやシャワーシーンなど、次第に彼女が飼われていることを実感し始める姿が描かれる。このあたりの演出はなかなかよい。監禁調教モノの醍醐味だ。目がうつろになり、抵抗ということを考えなくなっていく。。

その後浣腸シーン。必死に耐える姿もなかなかよい。ついに出してしまった排泄物、恥ずかしさと苦しさに打ち震える花宮。おそるおそる自分の出したモノを見る、その表情はなかなかのものだ。

そしてここから、ストーリーは急展開する。なぜか花宮が風邪をひいて熱をだしてしまう。そしてそれを看病するご主人様。いわゆるストックホルム症候群を描きたいんだろうか?ちょっと迷走気味な感じがする。そして最後にセックスシーン。しかもノーマルなセックス。うーん、ここにきてそうくるか、、、なんだか尻すぼみな作品だった。

しかし、この作品、注目は特典映像だ。ぎっちりと麻縄で縛られた花宮に、容赦の無い熱蝋責め。熱さに打ち震える花宮。必死に耐えようとして、手を握りしめるところなんて、なかなか見物だ。お尻を真っ赤に蝋で染めて、震える花宮。蝋燭は容赦なく襲いかかる。
そして今度は立ち姿勢で、股間にバイブが押し当てられる。足は開いた状態で左右に縛り付けられれ、閉じることはできない。そしてバイブは股縄で固定されてしまう。振動に耐えられなくなる花宮。。。最後にはイッてしまう。。
その後、余韻に浸る花宮。素肌に光る汗の粒、そして食い込む麻縄。美しい。。。

この作品、はっきり言って本編よりも特典映像の方が見る価値がある。何なんだろうこのテンションの差は。もし両方とも魁氏が撮っているなら、こんなに差が出ている理由を是非聞いてみたいものだ。

なお、さらに特典として杉浦氏のパッケージ撮影のシーンも収録されている。これはこれで、舞台裏が見れてなかなかおもしろい。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

tag : 花宮あみ

プロフィール

MIST

Author:MIST
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

川上ゆう 乱田舞 宮地奈々 森下さやか 雪乃みお M女 拷問の館 藍花 長谷川あゆみ 完全人格否定 柳田やよい  深海沙織 城島れい 佐伯奈々 花宮あみ 奴隷通信 晶エリー 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
DMMアダルト オンラインDVDレンタル
日本最強のSMランキング
極上SM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。